SICERは、第4回バングラデシュ紙および組織技術展示会に参加しています。

SICERは、第4回バングラデシュ紙および組織技術展示会に参加しています。

2019年4月11〜13日、山東ギユアンアドバンストセラミック株式会社の営業チーム。バングラデシュの首都ダッカに「一帯一路」沿いにやって来て、第4回バングラデシュ紙ティッシュ技術展に参加しました。この展示会は、バングラデシュで唯一の紙パルプ産業の展示会です。この展示会には、製紙業界に影響力と創造性を備えた110社が集まり、何千人もの訪問者が集まりました。

バングラデシュの製紙業界は現在まだ揺籃期にあり、業界全体は他の国に比べて比較的後退しています。

生産と製品の品質の両方が需要を満たすことができず、大量の輸入を必要とします。現在、政府はインフラと経済発展の改善に懸命に取り組んでおり、その製紙産業には一定の発展の可能性があります。

国内の製紙機器業界で有名なブランドとして、Sicerはこのイベントに初めて参加しました。窒化ケイ素、ジルコニア、サブミクロンアルミナなどの特殊な新しいセラミック脱水コンポーネントと、抄紙機用の耐摩耗性セラミック部品の集中展示です。展示会には、インド、バングラデシュ、インドネシア、中国など、多くの国々から多くの商人がブースに集まりました。商談エリアでは、マーケティング・技術担当者が自社製品の性能や技術的特徴をお客様に丁寧に紹介し、きめ細かくお答えします。

山東GuiyuanAdvanced Ceramics Co.、Ltdは、61年間、無機非金属材料の研究、開発、設計、および応用を専門としており、セラミック脱水コンポーネントの独立した知的財産権を有しています。Sicerは、この展示会を現在のバングラデシュ市場の状況は、市場の可能性を深め、機会をつかみ、一緒に発展します。


投稿時間:2020年11月30日